<   2015年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

帽子屋さん&お姉さん(ユリさん)2ショット

アリス通し2回目でした



帽子屋さん役の君島先生♡
お姉さん&ユリ役の晶子さん♡

f0144003_01102219.jpg


by mihokoasano914 | 2015-11-30 01:08 | Comments(0)

秋の夜長に

1999年制作
「不思議の国のアリス」DVDを


少しでも
演技の参考になればと
期待せず鑑賞


が、
クスクス笑いながら
そして
ちょっぴりジーンとしながら
あっという間の90分



いやはや
これは大人の物語ね〜
(笑)





ワンダーランドの住人の
おかしな主張が
或る意味、真実を語っていて

アリスが
それに反論したり
納得したり
ちょっぴり成長する感じとか


素敵な作品でした





見終わった後の清々しい事ったら!

オペラを観て下さったお客様にも
この『感覚』をお届けしなければ・・・



大変だぁ!!


あたし
歌も演技も
必死感が否めないもん
(笑)



頑張らずに頑張ろう!


f0144003_05334331.jpg


by mihokoasano914 | 2015-11-29 05:33 | Comments(0)

京都 念慈菴

今週半ば
小学校の体育館でコンサート
「ヘンゼルとグレーテル」お母さん役


「魔女、こわーい!」とか
「あっちに、いるよ!」とか
子供達の
ダイレクトな反応!
嬉しくなりました
(笑)



前日に、
オオツキ耳鼻科に行ったら
四時間かかり
治療終了
21時(笑)


でも、
これで「安心」出来るので
ありがたいことです。











昨夜は
「不思議の国のアリス」通し稽古
一回目でした


実寸での舞台に
たくさんの小道具

大きな流れを創りつつ
細かい動作を詰めて行く
大事な時間


今回は
通し4回&ゲネプロ1回
多め(笑)


普通、ダブルキャストだと
通しは2回くらいですもんね


ありがたいことです






で、
公爵夫人役の悦田さんが下さったのど飴

すごく美味しくて
「どこのですか?」と伺ったら
中国のハーブキャンディー


「取り寄せないと買えないから」と
一缶、下さいました!

わぁい♡

f0144003_10373847.jpg



京都 念慈菴



昨夜の稽古前には
津山が「頑張れ〜」メールをくれて
嬉しかった♡




みなさんに
いっぱい
いっぱい
感謝して


お返し出来るよう


心と体を整えて
1回、1回、
丁寧な演奏が出来るよう
準備しようと
思います









by mihokoasano914 | 2015-11-28 10:36 | Comments(0)

リョーマの休日(笑)

f0144003_16255510.jpg




by mihokoasano914 | 2015-11-22 16:25 | Comments(0)

海辺の猫

動物写真の投稿が続いてマス
(笑)



京都の海辺



「見かけんヤツやなぁ」と
睨まれてます
(笑)



f0144003_13281272.jpg

by mihokoasano914 | 2015-11-21 13:30 | Comments(0)

鳥の戯れ

今まで

いろんな海辺で
遊覧船に
乗りました



「かっぱえびせん」が売られていて
「かもめ」がそれを食べようと
船と並飛する光景は
お馴染みの物





さて、

京都の舟屋でも
遊覧船に乗船

f0144003_13305639.jpg





f0144003_13310278.jpg





するとカモメに混じって

ん?

茶色い鳥?!

f0144003_13312813.jpg







とんび!

f0144003_13313495.jpg





とんびは
かっぱえびせんを
食べようとしているのではなく



船の後ろで
海面に足をチョン、チョンと
着けては飛び立つ事を
繰り返していました!

f0144003_13312256.jpg





f0144003_13311685.jpg





力強くて
優雅で
それでいて
くつろいでいる鳥なんて
初めて見ました!
(笑)

f0144003_13310802.jpg







今秋の思い出のひとつです
012.gif




by mihokoasano914 | 2015-11-21 13:00 | Comments(0)

最近、大爆笑した画像(笑)

f0144003_19055627.jpg


by mihokoasano914 | 2015-11-20 19:05 | Comments(0)

からたちの花

12月25日(金)に出演する

横浜市開港記念館で歌う

にほんのうたコンサート


山田耕筰没後50年にちなんだプログラム


「からたちの花」を歌う事になりました。


名曲ですが

いや、名曲ゆえに

恐れ多くて

足が竦んでいます





曲について検索してみました。




歌詞は北原白秋ですが

山田耕筰の幼少期の体験も、

元になっているとのこと


山田耕筰は

幼い頃、養子に出され

活版工場で勤労しながら夜学で学び

「工場でつらい目に遭うと、

からたちの垣根まで逃げ出して泣いた」

という思い出を

白秋が詩にした、

とありました。



からたちの花が咲いたよ。


白い白い花が咲いたよ。


からたちのとげは痛いよ。


青い青い針のとげだよ。


からたちは畑の垣根よ。


いつもいつも通る道だよ


からたちも秋は実るよ。


まろいまろい金のたまだよ。


からたちのそばで泣いたよ。


みんなみんな
やさしかったよ。




また、こんな解説もありました。


歌詞の内容

単純な自然描写ではなく、

「からたちの花」に託した叙情詩。



「からたちのとげは痛い」は

人生の痛み


「青い針のとげ」は

排他的で防衛的な気持ち


「秋は実る」「まろいまろい金のたま」は

人間としての完成


そして、

「からたちのそばで泣いた」

悲しみのときに

「みんなみんなやさしかった」

周囲の人たちの親切が

自分を育ててくれた事を

行間に暗示させています。



頭韻は

「a」と「i」で統一され

また「…よ」で脚韻を踏んでいるのは、

『他の人と自分自身への呼びかけ』

という普遍性とともに

音楽的に広がる余韻の効果を

もたらしています。



「詩の生命は、

暗示にして単なる事象の説明には非ず。

かの筆にも、

言語にも言ひ尽し難き

情趣の限なき振動のうちに

幽かなる心霊の欷歔をたづね、

縹渺たる音楽の愉楽に憧がれて

自己観想の悲哀に誇る、

これわが象徴の本旨に非ずや。」

という白秋の考えが見て取れます。




等々、たくさんの解説に
名曲の神髄を見た思いです。




今年最後の演奏会、
塚田佳男先生のピアノで歌わせて頂く事は
大変光栄で大きな喜びです。


がんばります




by mihokoasano914 | 2015-11-19 07:58 | Comments(0)

TOKYO STATION 100 YEARS

東京駅開業100周年記念スイカ、
見せて貰いました!


キレイだわ!

f0144003_16503862.jpg



f0144003_16503861.jpg



f0144003_16503945.jpg


by mihokoasano914 | 2015-11-17 16:48 | Comments(0)

小さな見学者

今日のアリスの稽古場には
三ヶ月の
赤ちゃんが♡


もぉ、みんなメロメロ♡

f0144003_23095867.jpg




今日は衣装合わせ
明後日はオケ合わせ
来週は通し稽古

そろそろ
稽古も佳境


なのに
なのに
相変わらず
リズム間違えちゃうし

ここにきて
声も潤いがないなぁ

まぁ、先週の
胃痛&絶食の余波
理由は分かっているから


ここから
あらためて
コンディションを
整えて

感謝の心で

笑顔で

愛をもって
頑張ろう









by mihokoasano914 | 2015-11-16 23:09 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る