<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

寝返りまくり by 姪っ子ちゃん

f0144003_8594043.jpg


おおおおおお!!!

おばちゃん、風邪引いちゃったの?

お・だ・い・じ・に045.gif
by mihokoasano914 | 2011-06-30 21:47 | Comments(0)

WAO!

本屋さんで発見!

1937年作品の映画「椿姫」DVD

WAO!


主演、ヴィオレッタはグレタ・ガルボ!

WAO!


アルフレードはロバート・テイラー!

WAO!


値段・・・280円!

WAO!



f0144003_1473626.jpg

by mihokoasano914 | 2011-06-27 01:49 | Comments(0)

あらためてオペラについて考えてみる夜

久しぶりにレッスンへ。


オペラを一本やると
いろいろと
こんがらがるので
ほどいて頂きました。


「そういう事かぁ!!」の発見は
本番前に知りたかったといつも思うけど
本番をしたからこそ得ることなので
仕方ないんだな(笑)


次に生かす事が大事。




つくづく「オペラ」って難しいんだなぁ。

感情の赴くまま、なら「芝居」でいいし、
音楽の美しさ、なら「演奏会」でいい。

『ドラマ』を『音楽』で表現するオペラって
まぁ、本当にすごいジャンルだこと(笑)


私がヴィオレッタになってしまってはダメなんだな。
ヴィオレッタを表現する『型』でなければ
観ている人をドラマに惹き込む事は出来ない。

ヴェルディが
このリズムで、この感情を表し、
この音形で、この感情を表す、と
書いているんだから・・・

私はそれを読み取り、感じ取り、音にするだけ、なんだ。

ということは
譜面を読み取る私自身が
『深みのある人間』でなければ
奥深い芸術を表現する何て
出来る訳がない。


『浅く』ては、何も伝えられないんだ。









むか〜し、行った熊牧場。
今夜の私は、こんな感じでボーっと
そんな事を考えています(笑)

f0144003_20315486.jpg

by mihokoasano914 | 2011-06-25 20:55 | Comments(0)

最近の姪っ子ちゃん

パパのお腹、気持ちイイ♡
f0144003_22565868.jpg


寝起きドッキリ!!
f0144003_22563932.jpg


事務所を通してぇ〜。
f0144003_22564852.jpg


ハマってます・・・
f0144003_22563375.jpg


よだれマン!
f0144003_22562752.jpg

by mihokoasano914 | 2011-06-24 22:57 | Comments(0)

28度設定

節電対策で、
公共機関の冷房温度設定は28度。

オペラの稽古、
歌って演技をして・・・
汗びっしょり042.gif


代謝が良くて、
身体にイイような、
そうじゃないような(笑)


「節電歌唱法」を
編み出すか!?



f0144003_2354996.jpg


これは、
先日の「魔笛」パミーナのメイクイメージ。
青島先生が、演出プランを説明しながら
ホワイトボードに書かれたもの。

これを見た時はタマゲタなぁ〜(笑)
by mihokoasano914 | 2011-06-23 23:13 | Comments(0)

Violetta

しばらく間が空きました、
「椿姫」のお稽古へ。


ヴィオレッタの感情は激しい。
でも、
『声』に関しては冷静でいなければ・・。


先日の「魔笛」で
パミーナを歌う事で得た喉の感覚がある。
それは『抑制』


今の私の『宝物』


オペラ一本を歌いこなす意味でも、
表現の幅を広げる意味でも、
いいタイミングでパミーナを歌わせてもらったものだ。


大切に
大切に




f0144003_2058695.jpg

by mihokoasano914 | 2011-06-22 21:51 | Comments(0)

葛藤

「魔笛」公演前

自信と過信
謙虚と不安

この心模様に葛藤。



「私はまだまだ」
その気持ちは大切。
だから成長する。

でも、
そこに「逃げる」事も出来る。

「私は大丈夫」
そう思うのは
とても怖い。


不安を払拭するには
強い心が必要。

弱い心と戦わねばならない。






頂いたメールの返信や
事務処理を後回しにした言い訳には
ならないけど(笑)
悩んでました。




滅多に見ない、オカシナ夢も見ました。
(私が殺人を犯し、降板するという・・・(爆笑))


本番一週間前には
右目が角膜炎になり
コンタクトが入れられなくなるピンチ。
(裸眼ではマエストロが見えないので)
メイク有りリハーサルでは、
左目のみコンタクト装用。

そのせいか、首筋がカチコチに!!
上も向けないくらいに凝ってしまい慌てました。
本番前日、メンテナンスをしてもらいに
ゲネプロ終了後向かったら・・・
人身事故の為、電車の中に
1時間閉じ込められ020.gif



本番直前


山あり
谷あり


すべては
本番でないと学べない、
貴重な経験ばかり
「学び」の日々でした。

必ず次にいかしましょう。










おばちゃんがそんなこんなだった頃、
姪っ子ちゃんは「初京都」においででしたとさ。

f0144003_20593030.jpg
f0144003_20592448.jpg
 柊屋さん
by mihokoasano914 | 2011-06-21 21:20 | Comments(0)

本当に終了

ゆみちゃんから頂いた写真。
http://blog.livedoor.jp/yumiyumi_3341/



f0144003_8303050.jpg

f0144003_0133221.jpg

f0144003_013267.jpg

f0144003_013834.jpg




今日は別組の公演&打ち上げ。
たくさんの感謝を込めて。
by mihokoasano914 | 2011-06-20 00:14 | 演奏会 写真 | Comments(0)

2011年 ブルーアイランド版「魔笛」終了

さてさて、この写真は何ぞや(笑)


私、パミーナは
夜の女王(人間)と
ザラストロ(妖怪)
の間の子なので
顔が白黒、という設定でしたの。

f0144003_981071.jpg



恒例変顔023.gif
f0144003_98369.jpg





カーテンコール。

試練の末
タミーノも妖怪(黒)になっちゃいました。

にこやかな笑顔ですが・・・黒い。
f0144003_975547.jpg


エレガントなご挨拶も・・・黒い。
f0144003_974756.jpg


もちろん、ロビーでのご挨拶も・・・黒い。
f0144003_97295.jpg




楽屋での一枚。
まだ出会う前のタミーノとパミーナって事だわね(笑)
f0144003_972178.jpg




ダーメは三人官女。
何度見てもオカシイ(笑)
f0144003_97855.jpg








そして、
これですよ、これ。


稽古場に何度も差し入れて下さったこれらは
青地さんの奥様手作りのベーグルやクッキーやマフィン。
これのお陰で
私たちは舞台が出来たと言っても過言ではありません。
本当にご馳走様でした016.gif
f0144003_97053.jpg










ブルーアイランド版は
奇想天外
奇抜
摩訶不思議
そんな形容詞で語られるけれど
今回のパミーナに関しては
顔の色が白黒になっている事で
すごくナチュラルな感情を作る事が出来ました。

というのも、
パミーナの言動を
『顔のコンプレックスからくる被害妄想』
という心の闇からアプローチすると
すごく理解出来たのです。
(ちょっと違うかもしれないけど
今、公開中の映画「ブラック・スワン」みたいな感じ)



タミーノが返事をしてくれなくて
「もう私を愛していないのね」って
思い込んじゃうところなんて
「どうせ、この顔ですもの!」って
被害妄想そのもの(笑)

ハーフゆえの
アイデンティティに対する繊細さや
両親への反発。


ザラストロを刺そうとする所も
「この人さえいなければ、私は楽になれる」と
思い込んでしまう
心の弱さ、母への依存等々。


どれも、パミーナとして一本繋がって
演じる事が出来ました。


お客様にそういった事を伝える必要があったとは思えないし
青島先生がそれを狙っていらっしゃった訳でもないと思いますが
私的には、この「容姿」で
キャラクターを膨らませることが出来ました。




たくさんのアイディア、
頭の回転の速さ、
要点を的確に人に伝える言葉のチョイス、
どれをとってもスンバらしい青島先生が
何だかモーツァルトに見えて仕方がありませんでした。
多分、モーツァルトもこんな風に
周りの人を巻き込んで
きりきり舞いさせて
楽しんでいたんだろうなぁって(笑)



とにもかくにも
濃い稽古、
濃い本番、
充実してました。


関係者各位の皆様、
お世話様になり
本当にありがとうございました。

そして何より
観て下さったお客様、
お付き合い下さりありがとうございました。
by mihokoasano914 | 2011-06-19 09:10 | 演奏会 写真 | Comments(3)

森と芸術

「東京都庭園美術館」へ。

f0144003_18313173.jpg



「アダムとイヴ」に始まり
アンリー・ルソーの楽園図、
各時代の風景画、
グリムやアンデルセンの挿絵、
シュルレアリズムの森の幻想と神秘、
岡本太郎の絵や森の写真、等
『視点』が多彩。
いろんな『森』に刺激されました。



オペラも
「魔弾の射手」
「ヘンゼルとグレーテル」
「真夏の夜の夢」など
『森』設定の作品が多く
それらを題材にした絵画も多く有りました。



「ヘンゼルとグレーテル」葉書を購入。
すごく素敵!!!!!!
f0144003_1922625.jpg




見終わった後は庭園へ。
ここは宮家の旧邸宅で
広い庭園に囲まれていて
自由に休むことができます。
f0144003_1831246.jpg

「ピルタイとパシュフィル」http://www.teien-art-museum.ne.jp/garden/sclupe.html
休んでるねぇ〜(笑)
f0144003_191084.jpg




この庭の中に腰掛け、
一昨日の「魔笛」通しの音源を聴いてみると
あら、不思議。
稽古場の『空間』から
一気に、『自然界』へと
音楽が溢れ出しました。


特に、ザラストロ&合唱部分(おー、いーじす)とか(はーえある、しょお〜り〜)
わぁ、荘厳!!



逆に、
私たちの演奏で
劇場の中に
「自然の木々やそよ風が感じられ」たら
素敵な事だなぁと思いました。



明日通しで明後日、明々後日が本番なので
3日間連続でパミーナを歌います。

その事への期待と不安が押し寄せて
ちょっぴりナーバスになっていたので
今日、庭園美術館へ行ってみたのですが
正解でした。



たくさんの芸術作品は
人々の叡智の賜物。
そして、
その源は大きな『自然』



たくさん出ていた『ため息』も減り(笑)
大きな深呼吸をして
心が落ち着いたのでした。

感謝感謝。
by mihokoasano914 | 2011-06-15 19:00 | Comments(1)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る