<   2010年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

素敵なチラシ

何とも味のあるチラシが届きました。

「絵」になる「絵」ですね。


f0144003_2364293.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-29 23:07 | Comments(0)

おーまいえんじぇる

実家に行ったら・・・・

天使が音楽を奏でてました032.gif

f0144003_22105943.jpg
f0144003_22105214.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-29 22:16 | Comments(0)

宇宙と交信したいっ!!

嶺貞子先生は、

私が高校生の時に御指導頂いた歌の師匠。



未だに、

『おっ、浅野、大人になったな』
『お母さんは元気か?横浜出身だったな』

と、覚えていて下さる。





今日の「かつしか」の稽古で

昨年以来一年ぶりにお目にかかる。





すると、

何と、


『リサイタルしたんだって?』
『知らせ来てないぞっ!』










『!!!』



私「何で知っていらっしゃるんですか??!!」

先生「あたしは何でも知ってるの」



(平身低頭)



先生「何を歌ったんだ?」

私「女の愛と生涯です」

先生「イイ曲だな。で、ピアニストは?」

私「平島誠也先生です」

先生「あの人はウマイっ!」






「音楽」の事も「音楽界」の事にも

精通していらして。

ああああああああああああああああああ、もう本当に驚きました。






『リサイタル』を『ひっそり開催する』は
矛盾しているって事ですね(笑)









今日の演奏に対してもたくさんのアドヴァイスを頂きました。

細かいことでは「う」の発音。

「イタリア語と同じ、つぶしては声が響きません」と。


それから、「フニクリ・フニクラ」の

イタリアンのリズム感や意味合いを

厳しくご指導。

何十回も歌った事がある、なんて

口が裂けても言えない、と思ってしまった(汗)



音楽家は音楽に対して

神経をどんなに細かく使っても

使い過ぎる事はないという事を激しく痛感。



そして、今日の感動の一言。

『宇宙と交信するように音を伸ばさなければならない』



実は、昨日も
『演奏家は、「宇宙」と「お客様」との「パイプ」であって
自分を通して音を宇宙とつなげることが役割』
『テクニックは、自分の身を守るためにある。
いかに少ないエネルギーで最大の効果をあげるか。
なので、テクニックを感じさせる演奏は間違い』
という話を、尊敬する方と話したばかり。



そして、今日は嶺先生に

「奇麗に歌っても人の心には響かない。

音を、宇宙に広げてご覧。

放ってごらん。

伸ばす事だけ考えている音は何の意味もないよ」

と。



その時は「ハイ」という返事をして

ニコニコ終了しましたが、

「宇宙と交信」する方法を見つけるべく

一人居残り練習をしていると、

突然、涙が溢れ出し、しばし号泣。

「悲しい」などの感情は全く湧いていないのに。



先生の『音楽家』としての存在感に感動したんだと思います。



『音楽家』って

そういうものなんだ。

そういう存在なんだ。

そして

私もそうなりたいんだ。








で、泣いてスッキリした後は

「宇宙と交信」するべく

頑張りました(笑)


明日も、明後日も、その次の日も、頑張ります。













f0144003_22335571.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-28 23:12 | Comments(0)

ジャイアン・リサイタル手ぬぐい


f0144003_1584556.jpg
f0144003_1583414.jpg




コンサートの差し入れを探していた時に見つけた

「ジャイアン・リサイタル手ぬぐい」

これを音楽家に差し入れるのは・・・・・NGよね(笑)
by mihokoasano914 | 2010-09-28 01:59 | Comments(0)

覗いてる?掴まってる?

f0144003_23322670.jpg


f0144003_23321910.jpg


f0144003_23321253.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-26 23:32 | Comments(0)

韓国料理「大使館」

昨夜のおまけ♡


二次会は、

「大使館」というお店のテラス席。

そこには看板犬が!

『大使』と呼ばれているセントバーナード。







大使ちゃん。
f0144003_2323898.jpg





大使ちゃんと津山(笑)
f0144003_2323018.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-26 23:25 | Comments(0)

マッコリも飲んじゃった。

友人のソプラノ『津山恵リサイタル』へ。

とっても素晴らしくて、

終演後の打ち上げにも参加♡

韓国料理屋「ハレルヤ」へ。


あまり食べ慣れていないから

どのお料理も刺激的031.gif

でも、

う〜ま〜い〜!!!!
f0144003_0482132.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-26 00:50 | Comments(0)

三文オペラ

昨日、10年ぶりにお目にかかったホール職員木村さん。

お顔を見たら、何だかいろいろ
思い出しちゃいました。

2000年公演の神奈川県民ホール主催「三文オペラ」の舞台で
お世話になりました。

この舞台は、
フツーのオペラしか経験した事がなかった私にとって
人生感を変えるモノでした。

まず、何よりも異業種が集まったこと。

ダンサー
役者
歌手(オペラ&ジャズ)
の混合チーム。

主役のベックメッサーは林隆三さん。
娘のポリーは足立さつきさん。
と、いった感じ。

私はアンサンブルの娼婦役で参加。
本来、名前はないのに
演出家が名前をつけてくれて
役作りにリアリティーが出た事も印象的だった。

そのアンサンブルの音楽は、
ダンサーさん、役者さんと一緒だから
地声の迫力がすごくて、
ドスがきいていて
自分の価値観を
ひっくり返す音楽だったし。

そして
ダンサーの多恵先生のワークショップ期間も
超刺激的なモノ。

なんて説明していいやら・・・
「ボールが飛んできたと仮定して、ヨケる動き」
とかを、ひたすら10日間くらい稽古すると
あら、フシギ、
頭で考える前に身体が動くようになって・・・

娼婦は、
ひとりひとつの椅子を扱って
『色気』を表現。

結構、いろんな動きをしていました。

あぁ、今でも、その稽古風景を思い出す。


そして、開演前は、ホール客席全扉の前でスタンバイ。
序曲で出演者は役になりきって会場を歩きながら舞台上に。
舞台は額縁が縁取られて、その中へ
登場人物が徐々に入って来る、という趣向。


1月の本番だったので
稽古中の12月は
赤坂の稽古場にたくさんの加湿器を用意して下さった
ホールスタッフさん。


そうそう、
打ち上げでのハシャギっぷりも
忘れられないなぁ〜。
なんせ、みんな『娼婦』の役を
引きずってましたからねぇ(笑)
あれだけ稽古すれば
板に付くってモンです。




あぁ、思い出は尽きないなぁ。
出演者の皆様、お変わりないかしら?

写真、探してみようっと。

f0144003_10381015.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-24 10:54 | Comments(0)

ガラ・コンサート終了


私は晴れ女なのですが・・・
お足元悪い中お越し下さった沢山のお客様、
本当にありがとうございました。
f0144003_2142860.jpg



リハーサル中のpapageno竹村君。

f0144003_22235738.jpg


神奈川県立音楽堂は、独特なホール感がありますね。
f0144003_10241019.jpg


前半の出番だったので、後半は会場で
ビザー、プッチーニ、シュトラウスを堪能。
客演テノール水船さんの歌声に感涙。


コンサート終了後は、
来週の「かつしか」のアンサンブル稽古へ。

そこでは、
日本歌曲の世界を堪能。
高橋淳君の「矢切の渡し」に感涙。



今日は
古今東西の音楽で
テノールの歌声を聴けて贅沢だぁ。
おなかいっぱ〜い(笑)

感謝感謝♡
by mihokoasano914 | 2010-09-23 22:35 | 演奏会 写真 | Comments(2)

FUMA

明日のガラコンサートのオケ合わせでした。


小崎maestroのTシャツ。

「ん?」



FUMA(fumare)はイタリア語で『煙草(を吸う)』の意味♡

なぁるほどぉ〜!



f0144003_20194183.jpg

by mihokoasano914 | 2010-09-22 20:23 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る