2017年 11月 29日 ( 2 )

春の音楽祭2018年

来年2018年3月
「春の音楽祭」チラシを
頂戴しました。

私は、
第1部で
ブルーエコー合唱団の指揮

第2部で
アリアを一曲演奏させて
頂く予定です。




f0144003_22260474.jpg



今日、
レッスンにいらした方が
持っていらした
クリアファイル

f0144003_22260779.jpg

カッコいい!

by mihokoasano914 | 2017-11-29 22:25 | Comments(0)

太陽は空の中心にかかる

日本情緒溢れる
素敵な界隈、神楽坂

f0144003_00060414.jpg


こちらを聴きに
音楽の友ホールへ

f0144003_00060734.jpg


関西でご活躍の演奏家、
松下様と土屋様。

何て清々しいお声でしょう。
何て雄弁なピアノでしょう。


木下牧子先生のナビゲートによる
作品の説明もとても興味深く
観客は「へぇ」とか「ほぉ」とか
大きく頷いて一体感が生まれ

時には、笑いも起こるような
あたたかい雰囲気の
いろんなエッセンスが凝縮した
素敵なコンサートでした。





そして
私が演奏させて頂いた時には
まだコピー譜しかなかった
音楽物語「蜘蛛の糸」が
今年、めでたく出版!

f0144003_00061197.jpg




f0144003_00061370.jpg


木下先生にサインを
お願いしました!

f0144003_00061638.jpg


あの当時、
この作品に描かれている世界観を
表現仕分けるには(御釈迦様とカンダタ)
今までの自分のやり方では
とても足らない
朗読の先生を探しました。

そして出逢ったのが、
の師匠

朗読はもちろん、
表現の奥深さを教えて下さる
素晴らしい師匠に出逢えたのでした。


あれからずっと
演奏する作品全て、
師匠に教わりながら
自分の中に落とし込む作業を
しています。


なので、
音楽物語というスタイルの
「蜘蛛の糸」作品には
感謝してもしきれません。


また演奏する機会が
ありますように。

心から願っています。

by mihokoasano914 | 2017-11-29 00:05 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る