2014年 04月 03日 ( 1 )

『7人の指揮者によるピアノリサイタル』

まぁ、なんと楽しい時間を
もらったことでしょう!



指揮者、松尾葉子さんとその門下生による
ピアノコンサートへ


見知ったマエストロ達が
個性的な音楽を
ピアノという楽器を使い
表現するんですもの



或る方は古典をひたすら一途に。
或る方はフランス人のようにオシャレに。

そして、
葉子先生は
お好きだというスペイン音楽を。


後半の最初には
高校生のお弟子さんによる
指揮科の授業風景を再現。
これが大爆笑。


指導する松尾先生は譜めくりで
「あ、見てなかった!」って仰るし、

弾いていた方や
聴講生の役目をしていた方々が

「そこ、六つで振るんだよ」
「Prestoからもう一回振ってみて」

等々、カシマシク(笑)


司会の
大井剛史マエストロ、


『模擬授業』の後のピアノ演奏が終わった後
「まだ、楽屋では
先ほどの指揮のダメ出しが
続いております」
ですって!!037.gif



その人の個性と
理性と音楽性と
すべてが
ふわふわ会場を漂って
集中も
緊張も
優雅に流れ出して
まぁ、心地いいったら
なかったんです(笑)








でもね、

「血のにじむような努力」を
された方たちなんだなぁとも
思いました。


その方達が
「お客さま」の為じゃなくて
「自分が楽しむ」為の演奏を
されている姿は

純粋な

『音楽家』




あぁ、この方たちは
『音楽が大好き』
なんだなぁって
ヒシヒシと
感じて

その為に
いっぱいいっぱい
勉強しているんだなぁって
ヒシヒシ
伝わってきました









プログラムは
こ〜んな感じ
f0144003_22561211.jpg





プログラムにあった
織衛さんの似顔絵。
(akiさん描)

似てるぅ(笑)
f0144003_22561943.jpg




指揮者が一舞台で
複数いらっしゃる事は
とっても稀なので

そういう意味でも
オモシロかった!

by mihokoasano914 | 2014-04-03 22:57 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る