2007年 08月 09日 ( 1 )

暑いですね。

今日は、実家にて生徒さんの個人レッスン。
初めていらっしゃる方がお二方。
お一人は「音痴」を直したい、という方。
もうお一人は80歳を越えたおばあちゃま。

共通しているのは、「歌いたい」という強い思い。

おばあちゃまは、「埴生の宿(はにゅうの宿も〜」と
「旅愁(ふけゆく〜秋の夜〜旅の空の〜」の楽譜を持ってこられ、
「若い時に、良い歌がたくさんあったのに戦争が始まって軍歌ばかり歌わされ、
非国民と言われるから良い唱歌が歌えなかったんです。
防空壕の中で小さな小さな声で歌っていました。だから、今、すごく歌いたいんです」と・・・。

「歌いたい時に、歌いたい歌が歌えない」なんて・・・
考えられない時代があった事を改めて考えさせられました。
奇しくも、今日は長崎の原爆投下の日。
今を生きる私に出来る事。
必死に生きよう。

ちなみに、お孫さんが一緒に付いていらっしゃっていて、
レッスン後に一言
「おばぁちゃん、気取ってて、いつもより声小さいね」
ですって(笑)
by mihokoasano914 | 2007-08-09 23:35 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る