ふらんすご

来年1月に演奏する現代曲(「ベリオ」作曲シンフォニア)に
フランス語の歌詞がたくさん出てきます。

メロディーがついている物有り。
セリフだけの物有り。

舞台発語は日常会話の発音とは全く違う(と私は思う)ので
独学は無理!
と先生を捜していたら、
何と、童謡コンサートでお世話になっているギタリスト安達さんから
有力情報入手!

幼稚園からフランスのインターナショナルに通われ
音楽を学ぶために高校からはフランスに行かれ
大学、プロとフランスで演奏活動をされたという才女を知っている、と!

今はジャンルに囚われない音楽活動を展開されていて
安達さんと知り合ったそうな。
是非是非、ご紹介を!!とお願いして
先日レッスンと相成りました。

これがもう感動!!
レッスンを受けて感動っていうのも
(私自身の出来は悪いのに!!)
変だけど、
こんな才女にお目にかかった事が無い!

発音が奇麗なのはネイティブなのだから
当たり前かもしれないけれど
日本人の顔(筋肉構造)から
この発音が可能っていうことにまず感動。
そして、教え方の上手い事。
何が違って、どうしたらいいかの指導がドンピシャ(古っ!)

そして、今、この音にはどういう響きが必要なのかまで
的確に言って下さり、楽譜の読み込みの深さに驚きました。

いや、本当にあたしゃ、何〜も分かっとらんかったよ・・・

世の中にこういう
頭脳明晰(しかも容姿端麗)な方がいらっしゃるという事は
薄々は知っていましたが
実際にお会いしてみると、本当に感動。
すごい方がいたものです!

あまりの上手な教え方に、出来るような気がしてしまったのですが
翌日、レッスンを録音した物を聞いたら
似ても似つかない物でした(ははは・・・)

良い先生は、『褒め上手』でもありますな。

yoshinoさん、これからも宜しくお願いしま〜す!!

その才女、yoshinoさんの活動blogはこちら!!
http://ameblo.jp/laviecherie/
by mihokoasano914 | 2007-12-15 01:07 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る