夏休み 2018 ①

花火師
「鍵屋と玉屋」

リアルに感じてしまう歴史小説に
思いきり感情移入!

泣けた(笑)

f0144003_08204881.jpg




マイ花火大会ナンバーワン!
柏崎花火大会を
今年も鑑賞。




前の花火の煙が残り、
その横に上がる
次の花火

エリアが狭いと
同じ場所でしか
上げれず

前の花火の煙に
次の花火が被り
見にくいのが常だけど

ココは
その心配が無い

空が広い!

f0144003_08211607.jpg



f0144003_08212117.jpg



f0144003_08212846.jpg



f0144003_08270038.jpg


f0144003_08270462.jpg


名物、大迫力の
100連発と300連発は
目に焼き付けたので
写真ナシ(笑)




翌日は同じく新潟の
見附花火大会

f0144003_08271197.jpg



前の花火の中に
次の花火があがって、

f0144003_08271484.jpg

 
消えゆく花火と
開く花火

f0144003_08271606.jpg



江戸時代に生きていた人も
夜空に浮かぶ
花火打ち上げを
楽しんだんだなぁ、と
思いを馳せるのが好き

と言っても、
こんなカラフルではなく
和火
でしたけどね(笑)


by mihokoasano914 | 2018-08-21 10:00 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る