童謡コンサートの出演者、決定!

ピアニスト、金井信さん
テノール歌手、高野二郎さんに
ご出演をお願い出来ました!


高野さんと金井信先生の黄金コンビ!
今から楽しみで仕方がありません。




お二人の経歴、長いです(笑)



f0144003_12253869.jpg



テノール 高野二郎さん

東京都出身。東京芸術大学卒業。
同大学院修了。二期会会員。

友愛ドイツ歌曲コンクール入選。
東京文化会館オーディション合格、
デビューコンサート出演。
奏楽堂日本歌曲コンクール入選。
第7回モーツァルト国際音楽コンクールに
ノミネートされる。

「オペラティック・バトル/明日のマリア・カラスぼくらのドミンゴを探せ」(黒田恭一プロデュース)準優勝。エリザベート王妃国際音楽コンクールに日本人男声歌手として唯一ノミネートされる。
ジュネーブ国際音樂コンクール出場。

1997年藤家渓子作曲モノローグ・オペラ
『赤い凪』 (世界初演)公演に出演。
2000年10月歌劇『魔笛』公演にタミーノ役で
新国立劇場デビューを果たし、
2001年新国立劇場小劇場公演『ねじの回転』、2002年新国立劇場小劇場公演『賢い女』
『ねじの回転』(再演)に出演。

読売日本交響楽団創立40周年記念公演
ワーグナー『パルジファル』でも
好演し絶賛された。

新国立劇場小劇場オペラ『無人島』、
『イタリアのモーツァルト』、
二期会『ドン・ジョヴァンニ』
ドン・オッターヴィオ、
日生劇場『後宮からの逃走』ペドリロ、
2005年には2月の新国立劇場ベルク『ルル』
画家・黒人役のほか、
3月には実相時昭雄演出で話題となった
二期会『魔笛』タミーノで出演、
喝采を浴びたことは記憶に新しい。

同年 東宝『レ・ミゼラブル』
司教およびレーグル、
11月の二期会『さまよえるオランダ人』
舵手にも出演。


2006年1月の新国立劇場小劇場『セルセ』では
タイトルロールで主演したほか、
10月のびわ湖オペラ『海賊』にも出演。

2007年は4月の新国立劇場『西部の娘』
ハリー役を歌った。

2008年6~7月の兵庫県立芸術文化センター
(佐渡裕 指揮)『メリー・ウィドウ』
カスカーダ子爵役で、確かな技術に裏づけされた歌唱力はもちろん、芸達者なところを
あますところなく披露し、公演の成功に大きく
貢献。8月には久石 譲&新日本フィルによる
「ワールドドリームオーケストラ」公演で
同氏との共演を果たし、同フィルとは9月の
定期公演『ばらの騎士』(クリスティアン・アルミンク指揮)にも出演。11月には日生劇場
『マクロプロス家の事』にヤネク役で出演。
2009年11月、新国立劇場『ヴォツェック』
(バイエルン州立歌劇場との共同制作)では、
要役アンドレスが新聞各紙で絶賛された。
その模様はNHKでも放映。

コンサートでは、99年12月横浜美術館に於いて、初ソロ・コンサート「テノール高野二郎クリスマスに歌う」を行い、以後、ジャンルにとらわれない幅広い音楽活動を行う。

2010年からは、出身の品川区の
“品川区民芸術祭プルミエコンサート・シリーズ"の総合プロデューサーに就任。
8、9月のコンサート5公演を企画及び出演した。

叙情的な歌声には定評があり、特にドイツ歌曲、宗教曲のソリスト、モーツァルト・テノールとしての評価が高く、これまでに「ヨハネ受難曲」の福音史家、「大地の歌」「第九」など数多くの演奏会に出演し、好評を博している。







f0144003_12332445.jpg



金井信さん
ピアノ・作曲・編曲

慶應義塾大学文学部哲学科
(美学・美術史学専攻)、
東京藝術大学声楽科、
尚美高等音楽学院作曲科卒業。

長年、伴奏者・編曲者の第一人者として、
ネステレンコ、オブラスツォワ、故立川清登、
佐藤光政、郡愛子、勝部太、小松英典、
佐藤しのぶ、錦織健、五郎部俊朗など多くの
一流声楽家をはじめ、ポピュラー系では
渡辺真知子、眞理ヨシ子、梅原司平、太田真季、柳沢里実・久実らをサポート。

クラシック、ジャズ、ミュージカル、ポップス、演歌に至るオールラウンドな幅広い技術と即座の移調能力、歌にピッタリ寄り添う柔軟な音楽性は、他の追随を許さぬオンリーワン的な存在として多くの信頼を集めている。

TVでは「タモリの音楽は世界だ」
「アイ・ラブ・クラシック」、
ラジオでは「夕べのリサイタル」等に出演。

一方、自らのアレンジによる華麗な映画音楽、
遊び心いっぱいの童謡アレンジ、
楽しいリクエスト・コーナーから弾き語りまで、魅力満載のソロ・コンサートも全国で精力的に
展開。巧みなトークと共に、ジャンルを越えた
ユニークなピアニストとして人気を博す。

映画音楽やオリジナル等を集めた4枚のピアノソロCD「By myself」「Naturally」「Delicious」「With You」も好評発売中。

また作曲家として、女声合唱組曲「ノクターンの旅人たち」「愛・めぐり逢い」「愛の風景」「愛は波の彼方に」(音楽之友社)、ミュージカル「あした天使になあれ」(東京・ニューヨーク・上海で計約20回公演、NHK・BSでも放映)
「八王子庚申夜話」「はなのみち」「白雪姫」
ほか多くの歌曲や、リコーダー曲などがある。

「音楽現代」誌には“平成の滝廉太郎”と紹介され、インタビュー記事も掲載('04年9月)されるなど、多才な音楽家である。柳沢姉妹とのユニットによる公演「マジカル・リコーダー」は、
おやこ・子ども劇場・ファミリー向けコンサト・
学校公演など全国で数百ステージにのぼる。
最近ではスクールソングが人気の中山譲との
コンサートも話題に。「世界に一つだけの花」「BELIEVE」「涙そうそう」など20曲を
収録した模範演奏と
ピアノ伴奏CD付楽譜集“リコーダー&けんばん
ハーモニカで奏でる教科書の名曲&ヒットソング”Ⅰ、Ⅱ巻は好評で、保育士、教師、サークル等のための講習会も各地で行われている。
文部科学省中央研修講師、
埼玉県入間郡三芳町文化会館
コピスみよし音楽アドバイザー、
日本音楽著作権協会準会員、
東洋英和女学院大学講師。

http://homepage2.nifty.com/duo/





by mihokoasano914 | 2016-03-29 12:23 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る