手書き和蠟燭

f0144003_1635069.jpg



先日、先祖供養の際、
小石川『伝通院』七十七世 成蓮社道誉諦善のお話を
伺う機会がありました。


今の時代に必要な心構え、
「課題」を持つ事、
京都の法然院(「椿」)の想い、などを
にこやかに、軽やかに、
でも深いお声で、お話し下さいました。


目の前で語るそのお姿に、
涙が出てきそうになりました。

何かを「覚悟」なさっているのが分かるから・・。
「その時」が来たら、
「逃げも隠れもしない」覚悟。

決して大きくはない肉体の中の
精神性、魂の大きさに
ひれ伏さずにはいられませんでした。


何かに導かれていると感じます。

苦しくても
悩んでも
歩みを止めずに
学んでいきたいです。
by mihokoasano914 | 2012-02-03 16:04 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る