全てに感謝 by Violetta

公演前のこと。

ある人に

「ヴィオレッタもアルフレードも
不完全で未熟な人間だから
完璧な歌を歌われると、違和感がある」

という意見を伺いました。

もちろん音楽関係者では無い方です。


おもしろい発想だなぁと思いました。

そして、

なるほどぉ、とも思いました。


演奏家は、完璧な演奏を目指す事は決して止めませんが、

でも・・・・・

それが目的になってしまってもイケナイのだな、

とも思いました。



公演後に頂いた感想の中にも、

あそこのあの音のピッチが低くて一瞬気になったんだけど

その後の音に繋がって行く響きを聴いて

これは、今のヴィオレッタの心そのものだと感じた、

と(良いように)解釈しておられて(笑)

歌が、歌であって、歌でなく、

不完全で、未熟で、人間そのもののヴィオレッタの人生表現なのだな、と

思ったりもしました。


まぁ、「そう感じた」というだけのお話で

まだまだ表現者として

そういったレベルには届きませんが

いろんな事を感じる事が出来て

『全てに感謝』なのでした。





f0144003_14303837.jpg

f0144003_14303065.jpg

f0144003_14302338.jpg

f0144003_14301218.jpg

f0144003_1430313.jpg

f0144003_1429543.jpg



masamiちゃんチョイス
竹久夢二「椿柄」の風呂敷。
大切に使うね、ありがとう。

f0144003_14294586.jpg




minamiちゃんチョイス。
「ナヴァラサ(9つの感情)」をテーマにブレンドした紅茶3種類。
『懐』(静かに想い出を懐かしむときに)
『喜』(喜びを分かち合いたい時に)
『笑』(大勢で笑って楽しみたいときに)
お茶好きの私に何よりです、ありがとう。

f0144003_14293518.jpg

f0144003_142925100.jpg






そして、
私のアルマン、うっちーへ。

このblogを見てくれるか分からないけれど・・・

たくさん感謝をしています。
ヴィオレッタを全身全霊で受け止めてくれて
舞台人冥利に尽きました。

ドレス姿を見て「うひょ、かわいいっすねぇ」と褒めてくれたり(笑)
1幕のアリア前、『頑張れ』ってアイコンタクトしてくれたり、
アルフレードとしては聴きたくない2幕1場ジェルモンとのシーンを聴いて
発音や発声のオカシイ所をチェックしてくれたり、
舞台袖でへばっている私にウィダーインゼリーを渡してくれたり、
アルマンがマルグリットにプレゼントした「マノン・レスコー」の原書を
日本に今、一冊しかない所まで探して、プレゼントしてくれたり
(2幕冒頭のシーンで利用しました)
3幕で、腕の位置がオカシイのに頑張ってお姫様だっこしてくれたり(笑)

うっちーの優しさ、
心遣い、
思いやりに
どれだけ助けられたか・・・。

アルマンそのものでした。

悲恋だったけど
ヴィオレッタは本当に幸せでした。

ヴィオレッタ同様
私も、うっちーの幸せを心から願っています。

たくさんの感謝と愛を込めて。

To Armand.

From Marguerite.





f0144003_1429880.jpg

f0144003_1429243.jpg

by mihokoasano914 | 2011-08-02 14:30 | La Traviata | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る