あらためてオペラについて考えてみる夜

久しぶりにレッスンへ。


オペラを一本やると
いろいろと
こんがらがるので
ほどいて頂きました。


「そういう事かぁ!!」の発見は
本番前に知りたかったといつも思うけど
本番をしたからこそ得ることなので
仕方ないんだな(笑)


次に生かす事が大事。




つくづく「オペラ」って難しいんだなぁ。

感情の赴くまま、なら「芝居」でいいし、
音楽の美しさ、なら「演奏会」でいい。

『ドラマ』を『音楽』で表現するオペラって
まぁ、本当にすごいジャンルだこと(笑)


私がヴィオレッタになってしまってはダメなんだな。
ヴィオレッタを表現する『型』でなければ
観ている人をドラマに惹き込む事は出来ない。

ヴェルディが
このリズムで、この感情を表し、
この音形で、この感情を表す、と
書いているんだから・・・

私はそれを読み取り、感じ取り、音にするだけ、なんだ。

ということは
譜面を読み取る私自身が
『深みのある人間』でなければ
奥深い芸術を表現する何て
出来る訳がない。


『浅く』ては、何も伝えられないんだ。









むか〜し、行った熊牧場。
今夜の私は、こんな感じでボーっと
そんな事を考えています(笑)

f0144003_20315486.jpg

by mihokoasano914 | 2011-06-25 20:55 | Comments(0)

日常の“うふふ”な事


by mihokoasano914
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る